マンションを購入するとき注意すること

マンションを引っ越しまできれいに使う

マンションに何年も住んでいるという方ならわかられるかと思いますが、日々家事や移動などで部屋の至る所に傷がついてしまいます。その傷ができる理由としては、家具の移動の際、タンスや棚などは重量があり、動かすには床をこすらなければならず、床に白いこすり傷がついてしまったり、壁にカレンダーやポスターなどをかける人は画鋲の穴があいてしまったり、さらには子供がいる家庭では壁の落書きや引っかき傷、へこみ傷などが沢山出来てしまうこともあります。

このような傷ができてしまうのは大変仕方のないことです。しかし、もしこのような傷をつけずにマンションの引っ越しができるのなら、大変大助かりなメリットが発生します。それは敷金が返ってくるということです。敷金は入居する際に、退去時の修繕費として渡すお金です。なので、部屋に傷をつけずに退室することができることで、修繕する場所がなく、敷金の大半が元の状態で帰ってくるのです。

部屋に傷をつけないことで、このようなメリットが発生するのです。傷をつけないなどは大変難しいもので、できそうにないようですが、日ごろからこのようなことに気をつけるよう考えておけば、意外と傷ができにくいものです。マンションに住んでいる方やこれから住もうと考えている方は実践してみてもいいかもしれませんね。
Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.