マンションを購入するとき注意すること

マンションとアパートの違いとは

マンションとアパート、同じ賃貸でもどの様に違うのでしょうか。今日はこのマンションとアパートの違いについてお話ししたいと思います。まず最初に、マンションとアパートは特に明確に区別されているものではありません。ただし一般的にマンションとは3階建て以上の木造ではない建物の事をいい、2階までで木造のものをアパートということが多いでしょう。だいたいがマンションの方が階が高く、アパートの方が低い印象ですよね。では住んだ場合、どの様な違いがあるのでしょうか。まず最初に言えるのが家賃です。マンションの方が階数も高いので建築費用が高くなります.その為、一般的に同じような広さの部屋ではマンションの方が高くなります。

他にはどちらかというとアパートの方が音漏れがしやすいということでしょう。マンションの方が構造上音漏れがしにくくなっていので、隣の物音など聞こえにくいでしょう。だからといってアパートの音漏れがひどいのかというとそうでもなく、最近では音漏れしにくい構造になってきています。他にはマンションの方が機密性が高くなります。その為、どちらかというとマンションの方が湿気が多くなる場合があります。この様にマンションとアパートでは明確な区別というものはありませんがおおまかな違いがいくつかあるのです。

住まいでも話題のマンションに関わる話は、このwebサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.