マンションを購入するとき注意すること

マンションのローン病気になったら支払い免除

マンションのローンは長期ですね。今は健康でも将来生活習慣病の不安はだれでもあります。脳卒中、がん、心筋梗塞などは入院も長いし、仕事に復帰できない場合もあります。そんなときに支払いを免除するローンも銀行で生まれたようです。金利が高かったり、保険の金額が上乗せしますが私はいいと思いました。

住まいを購入するときは不安はつきものです。それでずっと賃貸にしてしっかりと貯金される方もいます。しかしやはりリスク管理の面でも、不動産をひとつ持っておくのは大事です。定年後に家賃をずっと払い続けるのもまた不安のひとつになるからです。なかには自分のマンションを貸して家賃収入を得て、老人介護施設に入っている方もいます。

母が老人介護施設に入っています。ふたり部屋なので大部屋よりも2万料金がたかいです。大部屋はまったく空いてなかったので、ふたり部屋になりました。国の施設に入れたことだけでも感謝です。現在は年金から支払われています。しかし運がいいほうで有料の施設で暮らしている方も多いです。母はいつも子供たちにはめいわくをかけたくないと言っていました。私と弟夫婦が平穏に暮らせるのも介護をプロの頼んでいるからです。不動産はいざというときに役立ちます。

住まいでも話題のマンションに関わる話は、このwebサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.