マンションを購入するとき注意すること

中古マンションの資産価値

中古マンションは資産価値が新築分譲マンションよりは低いということは当然だと思いますが、最近は中古マンションの資産価値も変わってきたように思います。特に東京オリンピックの影響が非常に大きいようで、東京近郊では建設関係の人手不足と資材の高騰で新築分譲マンションの価格も上がり、資産価値も高くなってきているようで、この状態もそのまま続くのではないかとニュースなどでありました。そうなると中古マンションの価格にも影響してくるそうで、下がることは考えにくく、価格自体が上がってくるのではないかということです。昔のバブル期の土地神話以来の価格の値上がりになるかもしれませんが、そうなると購入して価格が上がった時に売却すると利益が出る物件も出て来るのではないかと思います。

土地や建物自体は、他の商品と違っていくらでも生産できるというものではないので、価格が上がるという状況を誰もが納得したならば、価格はすぐに上がっていくのではないかと思います。そのような資産価値の面からでも中古マンションは狙い目ではないかと思います。まず条件の良い中古マンションから売れていき、条件の悪いマンションでも、立地の関係から都市の生活圏内では価格も上がっていくのではないかと思います。波及していくということですが、そのような好条件も加わってくるでしょうから、特に都市近郊では、中古マンションの魅力は高まるのではないかと思います。

住まいでも話題のマンションに関わる話は、このwebサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.