マンションを購入するとき注意すること

マンションの購入の時の管理の注意点

マンションの購入では価格や住まいの環境を重点的に見てしまうということがありますが、それと共に長期的視野も大切になります。それは管理が十分に行き届いて何十年も続けられるかということです。まず管理費ですが、少なければ良いというものではなく、そのマンションの規模にあった管理費であるかということが重要になります。多すぎても少なすぎても困るということですが、少なすぎる場合には大規模修繕の時に費用が足りなくなり、その時に各家庭に費用の分担が割り当てられてしまうということも起こります。過不足のない管理費の場合には、それも心配しなくてすむということです。また管理組合をしっかりしたものに出来るかということも確認が必要になります。

よく問題になるのは、賃貸の住人と購入の住人の意識の違いです。当然賃貸の住人は責任が希薄になります。自分の所有ではないのだから、いずれ引っ越しをするので管理などは関係ないということになります。入れ替えが激しくて管理組合自体が機能しなくなるということもあります。影響力が小さくなるということもあります。マンションを購入する場合には、マンション規模や購入者が住んでいるかどうかや、中古マンションならば大規模改修が終わっているかこれからなのか、その費用は管理費の積立から利用できるかどうかや、そもそも管理費の未払いがないかどうかも常識的に確認が必要になります。

住まいでも話題のマンションに関わる話は、このwebサイトをブックマークしましょう

Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.