マンションを購入するとき注意すること

マンションと一戸建てどちらが長持ち?

マンションと一戸建てを購入する場合、どちらが長持ちするのか考えたことはありませんか?今日はマンションと一戸建て、どちらが長く持つのかを比較してみました。まず一般的に一戸建てであれば40〜50年、マンションであれば50年〜70年もつと言われています。マンションは材質上コンクリートで作られている為、一般的な一戸建ての木造住宅よりは耐久年数があるといわれています。

しかし最近では一戸建てでも、コンクリートを材料として使っているところもありますし、耐久性の高い材料を使って作る会社も増えてきています。その為、耐久年数は昔よりもだいぶ伸びてきています。しかし何もしなくてもそのくらいの年数持つかというとそうではありません。マンションも一戸建てもそうですが、耐久年数を延ばすためには適度なメンテナンスが必要になります。その為、耐久年数ぎりぎりまで何もしない訳ではありません。あくまででこのくらいまで持つという数字であって、実際はメンテナンス次第で伸びることもあれば短くなることもあるのです。

平成14年にはマンション建て替え円滑化法というものが施行され、建て替え対象となるマンションの定義として”築30年以上のマンション”となっているのです。この様にマンションでも一戸建てでもメンテナンスは耐久年数を延ばす為に重要なことなのです。
Copyright (C)2017マンションを購入するとき注意すること.All rights reserved.